愛媛・香川で障害年金の相談なら愛媛障害年金相談センターへ

愛媛障害年金相談センター

  • 事務所案内
  • アクセス
  • 料金表
  • お問い合わせ
無料相談のご予約はこちら 0896-56-6282

受給事例
事例1) 松山市 H.Sさん 男性 51歳

 

傷病名:出生時仮死状態による左片麻痺

 
25.3まで、地方公務員で年収600万超の勤務。
体力的な問題と、母を介護したいために辞職
 
☆POINT
①母子手帳、学生時代の成績表等、出生時や幼少時の証拠無。
②出生時の病院は、機構改正により病院名変更。診療録等の記録無。
③身体障害者手帳では上下肢共に4級で、障害基礎年金のハードルは高いため、受給の見込は実際拝見してから判断。

結果・・・障害基礎年金1級 受給!!
 

1.相談者と相談会を開催 

障害年金の説明、当センターのサポート内容の説明、
今年4月まで就労していたが受給の見込有と判断してサポート契約

2.対 応

①20歳前の障害のみ⇒第三者の証言(複数)があり、20歳前からの障害が妥当と判断されれば認められる
      第三者の検討と依頼に早速動き出し証言獲得。

②リハビリを行った病院に確認
  最初は施設の正式名称も覚えていなかった。場所で判断。
  50年前の記録の可能性・・・少ない
  相談者の1歳児の診療録が①の後に奇跡的に見つかる

①②にて、20歳前障害を証明
 
③相談者と日常生活の困難さ・病歴についてヒアリング
a.ヒアリングをもとに診断書依頼状を作成
相談者本人が医師に訴える必要なく、客観的に医師に訴えられる

b.年金事務所に提出する病歴就労状況申立書を作成
  不利な文言を記載しない。長く障害を患うと不自由に慣れてしまい、
   不自由に気づかない・・・客観的な視感でプロ(社労士)の申立書
 
④医師に診断書依頼状と診断書を提出し作成依頼。
 出来るだけ不備を無くして、年金事務所から書類差戻し等の時間のロスをここで無くす。

⑤相談者(家族)により公的証明の取得

⑥提出書類の作成、提出(すべて当センターが行います)




障害年金メニュー

●基礎知識 ●受給額 ●受給のポイント ●受給要件
●障害年金の種類 ●必要書類 ●障害の認定方法 ●請求時の注意点
●障害年金の等級 ●相談の流れ ●受給の流れ ●サポート料金
       


 

メールでのご予約を希望される場合は下記バナーをクリックしてください

ImgTop34.jpg

 

事例を詳しくご覧になられたい方は下記バナーをクリックしてください

ImgTop16.jpg

 

無料相談会に関する詳細については下記バナーをクリックしてください

 

ImgTop10.jpg

どんな病気が障害年金の対象となるのかお知りになりたい方はこちら

ImgTop5.jpg